Best Album 2015

やる気にはなったものの引っ越しなどとかぶってしまい、ついつい後回しになってようやく完成。20連発でお送りいたします。2015年にリイシューされたものも含みます。通し番号は振ってるけど順位は特にありません。ついつい後半にリリースされたものが多くなってしまうのはよくないなあ。

theinternetegodeath1. The Internet // “Ego Death”

Label: Odd Future
Country: USA
File Under: Hip Hop

気の利いたことが言えないけどよかった。「バンド」と言われているけどサウンドは明らかにバンドではない。少なくとも録音物に関してはバンドのふりをしているだけである。ボーカルは処女である。Listen

chassolbigsun2. Chassol // “Big Sun”

Label: Tricatel
Country: France
File Under: World

フランスの音楽家。撮影した映像をFinal Cutでループさせてそれに自分の演奏をのせている。全体を通して透き通っている。物語がある。Listen

carstenmeinerttoyou3. Carsten Meinert Kvartet // “To You”

Label: Frederiksberg
Country: USA
File Under: Jazz

68年デンマーク。今年のベスト・リイシュー筆頭。とにかく、ほんとうに素晴らしい。モード・ジャズの真髄が聴ける。今もジャズをやっているみたい。俺だったらそんな寒いところは機材運ぶだけで嫌だ。管楽器は特に冷たそうだ。Listen

nxworries4. NxWorries // “Link Up & Suede EP”

Label: Stones Throw
Country: USA
File Under: Hip Hop

こういうビートにラップじゃなくてソウルっぽい歌を乗っけてくるとは。しかもこれがかなりマッチしてる。レコードはまだでてないけどもうすぐかな。ものすごいゲイっぽい。Listen

ignacioherbojosolo5. Ignacio Herbojo // “Solo”

Label: Private Release
Country: Argentina
File Under: Folk/World

アルゼンチンはブエノスアイレスのソングライター。悪く言えばただのポップスかもしれないけどピアノとアンビエンス、そして質素な歌が気に入った。すべて自宅で作った曲で、装丁もすべてハンドメイド。CD-Rとデジタルのみ。外人は悪気は全くなく、CD-Rを普通にAudio CDと言って売りつけてくるから気をつけた方がいい。奴らはそもそもCDとCD-Rの区別がつかないから。Listen

Um Encontro No Au Bon Gourmet6. Tom Jobim, Vinicius De Moraes, Joao Gilberto & Os Cariocas // “Um Encontro No Au Bon Gourmet”

Label: Doxy
Country: Italy
File Under: Bossa Nova

こんなに素晴らしいコンサートがあるのか。今なら「最も好きなボサノバアルバムは?」と聞かれれば間違いなくこれを挙げる。オリジナルはブラジルの名門Elencoから。ヴァイナルが透明なのが気に食わない。アホのやることだ。Listen

mamansaniunreleased7. Mamman Sani // “Unreleased Tapes 1981-1984”

Label: sahelsounds
Country: USA
File Under: World

ニジェールにいた作曲家であるらしい。サハラ砂漠の真ん中で小さなシンセを購入し、プリセットのリズムパターンを鳴らしながら作曲を行っていたようである。これはそんな彼が80年代に録音していたものであるらしい。しかしこれらの記述の真偽を確かめるすべはないので、鵜呑みにしてはいけない。なんとも言えない深い深い感情の昂ぶりを感じる。レコードは500枚ということであるが、一瞬でSold Outとなってしまった。Listen

tommymcooksannicsounds8. Tommy McCook // “The Sannic Sounds”

Label: Dub Store
Country: Japan
File Under: Reggae

最高のダブアルバムその1。トミー・マクックのメロディには愛があるが、なかなか稼ぐことができなかった。Listen

kamasiwashingtonepic9. Kamasi Washington // “The Epic”

Label: Brainfeeder
Country: USA
File Under: Jazz

周りはみんな挙げてますね。ヒップホップの周辺からジャズミュージシャンが出てくるというのが面白いなあ。曲もジャズとして聴かなければ結構いい。しかしよくこんなにたくさん作ったもんだ。実はまだちゃんと全部聴いてない。聴くつもりもない。Listen

leonbridgescominghome10. Leon Bridges // “Coming Home”

Label: Columbia
Country: USA
File Under: Soul

出てきた時はそれはそれはびっくりした。感動すらした。けどちょっと飽きるのが早かった。Listen

sadakapremonition11. Sadaka // “Premonition”

Label: Jazzman
Country: UK
File Under: Jazz/Soul

あまり話題にならなかったけどおれは好きだったな。大分類ではジャズだと思うけどソウル要素もかなり多い。サダカ。Listen

pazazzkennydope12. Pazazz // “So Hard To Find b/w Right One”

Label: Now-Again
Country: USA
File Under: Soul

Egon主宰のレーベル、Now-Againより。ボルチモアあたりのマイナー白人バンドによる傑作モダンソウルがKenny Dopeがリミックス。リミックスと言っても、尺を気持よくしたり、ピッチを調整したりその程度。なんか好き。アホだったんだろうな、コイツら。Listen

contactfieldorchestra13. Contact Field Orchestra // “Mapping The Futures Gone By”

Label: Hit+Run
Country: USA
File Under: Left Field/Hip Hop

詳しく知らんがHit+Runから出ていたので聴いてみたらこれがなんとも良かったので買った。マリっぽいギターが好きみたいでよく使ってる。外人だからいいけど、日本人だったらちょっと嫌だ。Listen

wuntwowaves14. Wun Two & CoryaYo // “Waves”

Label: Vinyldigital/Cota
Country: Germany
File Under: Hip Hop

ハズレは一切ないが驚きもそれほどなし。この質感はこの人にしか出せない。この人はこのサウンドで家族を養っていくのだろうか。Listen

clivechinrandysdub15. Clive Chin & Impact All Stars // “Randy’s Dub”

Label: Only Roots
Country: France
File Under: Reggae

最高のダブアルバムその2。素晴らしすぎて言うことないです。当然初めて聴いた。名盤『Java Java Java Java』の続編的一枚だそう。深い。欧州の人間は本当に雑にレコードを作る。Listen

numeroork16. V.A. // “Ork Records: New York, New York”

Label: Numero Group
Country: USA
File Under: Punk

パンクも結構聴いたけど、近年は全然深くは掘ってない。たまに昔聴いていたのを聴きたくなって引っ張りだす程度だな。そんななか米NumeroのOrk音源集にはアガった。もっとアングラで素晴らしい精神はいっぱいあるけど、なんといってもNYといえばOrk。おれだけか?Listen

0006367980_1017. Ernest Ranglin // “Saftly With Ranglin”

Label: Dub Store
Country: JPN
File Under: Reggae

またジャマイカです。やさしい。しかしアーネスト・ラングリンは金に貪欲かつ凶暴なのでサウンドに騙されてはいけないよ。Listen

videotapemusic18. VIDEOTAPEMUSIC // “世界各国の夜”

Label: カクバリズム
Country: JPN
File Under: Pop

お見事。コンセプトもいい、曲もいい。けどルックスがダサい。致命的である。Listen

donnietrumpetsocialexperience19. Donnie Trumpet & The Social Experiment // “Surf”

Label: –
Country: US
File Under: Hip Hop

これが無料かこの野郎! レコード出したらめちゃくちゃ売れると思うけどそれでもフリーでデジタルを出し続けるという姿勢。Sunday Candyはよく聴いた。Listen

actionbronsonwonderful20. Action Bronson // “Mr. Wonderful”

Label: Atlantic
Country: US
File Under: Hip Hop

ラップできるデブ。よく記憶に残っている。上のSunday Candyと同じピアノリフを8で刻む。これ2015年流行った。マジで。Chance The Rapper出てくるし。俺だったらこんなデブになったら人前でラップなんかとてもじゃないが無理。でもこいつにはそれができる。Listen

Scroll to top